電話新設による新しい通信サービス

ISDNのころ、私の家ではパソコンと電話とFAXを使うためにパソコンと電話で1回線。

FAXで1回線。

2回線をひいて使っていました。

回線が増えた分、基本料金も2倍となってしまいましたが。

1回線だけでパソコンと電話とFAXを使うことは無理ということで、しかたなく2回線を引きました。

その後、不況でFAXを使うこともなくなり、1回線を返還して、今は1回線だけでパソコンと電話を使っています。

回線を増やせばできるもっと色々なサービスがあれば、また1回線を増設してもいいかと思いますが。

今のところそういう魅力のあるサービスも見つかりません。

携帯の普及でスマホを使いますが、それと固定電話との2回線があれば色々なサービスを使えますから、不満はありませんが。

携帯の通信のキャパシティーは固定電話とは比較にならない小さいものなので。

携帯でできることはある程度限られます。

大きな容量の通信が可能な固定電話なら、もっと多様なサービスが可能になるのではと思いますが。

光通信のような回線でしかできないような豊富な情報量の送受信を可能にするサービスが始まれば、また電話新設工事をして豊かなサービスを楽しむこともできるでしょう。

そうしたソフト面のサービスの多様化が実現するまでには、まだ少し時間がかかるのでしょうか。